成功する社員教育にはこんな秘訣があった!

重要なのは叱らないこと?

新人社員の教育では、新人社員にイライラしてしまいつい嫌味や怒鳴ってしまうことがあります。しかしそれでは新人社員のやる気をそぐだけで、どのような業務なのか、どのようにすればいいのか伝わらないのです。どのような仕事なのか伝わらないと研修期間でやめてしまい、会社の損失になってしまいます。 誰であれ初めての事では焦ってしまい失敗してしまいます。それなのに見て覚えろと言っても基本すら教えてもらえていないので失敗してしまいます。基本を教えてもらっていても失敗するときはあるので、イライラせず、優しく教えてあげることが、新人社員のやる気アップ、そして業績アップにつながります。怒鳴らない、嫌味を言わない事が新人教育に重要な事です。

何回も教えて褒めて伸ばす

新人社員で一度言ったことをメモしているのだからできて当たり前だろと思っていてはダメです。そして、自分の時は当たり前だと思っていても時代に合っていない社員教育を行うと新人社員が理解できないだけでなく、最悪パワハラなどで起訴されてしまいます。時代に適した方法で教育する事が必要不可欠です。特に、一度言っただけでは覚えることは難しいので、何度も何度も何日にも分け伝えることで新人社員の頭の中に刷り込んでいき、メモを見なくても自然に体が動く、頭が動くようになります。 そして、そのように行動し仕事の中でうまく行動した時、少しの事でも褒めていく事でやる気を出させ、業績を格段に向上させることができます。このように怒鳴らない、何度も伝える、褒める事が成功する新人教育につながります。